S.E.A.T.S Inc.はカンボジアを拠点に、東南アジアの
フィールドで独自のネットワークを築く日系商社です。

カンボジアの魅力CHARM

カンボジアについてABOUT CAMBODIA

カンボジアはインドシナ半島の中心に位置し、タイ、ベトナム、ラオスと国境を接しています。世界遺産のアンコールワットで有名な国ですが、東南アジア諸国連合(ASEAN)の中ではラオス、ミャンマーに並んで今後もっとも発展して行く国の一つと言われています。カンボジアは若くて廉価な労働力が豊富、フン・セン首相率いるカンボジア人民党による政権が長期継続、政治が安定して、外国からの投資の受け入れ体制が良いことなどから、賃金コストが上昇してきたベトナム、タイ両国との分業体制が取りやすい地勢的条件も、投資を後押しされています。日本企業にとってASEAN域内での最適生産を担う有力国の一つと言えます。

国または地域名 カンボジア王国 (Kingdom of Cambodia)
面積 18万1035km2(日本の約50%)
人口 約1,500万人(年齢中央値は約22歳と非常に若い国です)
首都 プノンペン
元首 ノロドム・シハモニ国王(Norodom Sihamoni)
首相 フン・セン(Hun Sen)
政体 立憲君主制
民族構成 クメール人90%。ほかにチャム族、ベトナム人など20以上の民族が10%
宗教 クメール人の大半が仏教徒(上座部仏教)。そのほかイスラム教(ほとんどのチャム族)、カトリックなど
言語 公用語はクメール語。旅行関係機関では英語、フランス語なども通じる。またベトナム語、タイ語、中国語が 通じるところも多い
過去5年平均GDP成長率 5.4%
GDP成長率とインフレ率の推移
  2007年 2008年 2009年 2010年 2011年 2012年
GDP成長率 10.21% 6.69% 0.09% 5.96% 6.93% 7.30%
インフレ率 7.67% 25.00% -0.66% 4.00% 5.48% 2.50%
GDP成長率
2007年 10.21%
2008年 6.69%
2009年 0.09%
2010年 5.96%
2011年 6.93%
2012年 7.30%
インフレ率
2007年 7.67%
2008年 25.00%
2009年 -0.66%
2010年 4.00%
2011年 5.48%
2012年 2.50%
一人あたりGDP比較
(2011年:単位USD)
国 一人あたりGDP
マレーシア(10,085)、タイ(5,395)、インドネシア(3,512)、フィリピン(2,345)、ベトナム(1,374)、ラオス(1,320)、カンボジア(854)、ミャンマー(824)
産業構造

産業構造

経験一次産業が経済全体の32%を占め、農業が主要産業となっております。主な農産品は、米、ゴム、とうもろこし、キャッサバなどです。二次産業、三次産業は、各々、経済の22%、38%を占める。製造業では、輸出向けの繊維産業、履物産業が主要業種です。三次産業ではアンコールワット観光を中心とする観光業が主要産業となっております。

貿易

貿易

カンボジア経済の成長に伴って輸出入ともに大きな伸びを示しておりますが、貿易収支は経常的な赤字の状況にある。2011年の輸出額46.8億ドル、輸入額は63.8億ドルでした。主な輸出相手国は、米国、香港、中国、EU、カナダ、ベトナムなどである。主な輸入相手国は、香港、中国、台湾、タイ、ベトナムなどです。主な輸出品は、縫製品で輸出全体の8割以上を占め、主な輸入品は、織物、石油製品、車両などであるが、カンボジ アは生産投入財、生活物資の多くを輸入に依存しています。貿易収支が赤字にもかかわらず、インフレ率が落ち着いているのは観光業によるサービス収支の黒字額が貿易赤字額を上回り、トータルの経常収支が黒字で外貨準備高も増えているからです。

貿易
通貨制度

通貨制度

カンボジアの公定通貨はリエル(Riel)であるが、商業取引では一般的に米ドルが使用されています。2012年12月現在、1ドル=4,000~4,200リエルで換算されております。

高い潜在成長率

高い潜在成長率

1998年から2007年までの10年間の平均成長率が9.4%とアセアン諸国の中で最も高い成長を達成しています。2009年は危機の影響で成長率はマイナス2.5%まで低下しましたが、IMF(国際通貨基金)の予測では2010年は4.8%、2011年は6.8%、2012年は6.9%の成長が予測されております。日本の成長率は1-2%の為、カンボジアの高成長率はやはり大きな魅力の一つです。※経済成長率→GDPが前年比(または前四半期比)に対してで、どの程度成長したかを指す経済成長率(%)=(当年のGDP – 前年のGDP) ÷ 前年のGDP × 100実質GDPの変動を実質経済成長率と呼ぶ

高い潜在成長率
地理的有利性

地理的有利性

メコン地域の真ん中:南部経済回廊。地理的にはベトナムとタイという日本企業が既に多数進出し集積を高めている国に挟まれています。特に、日本政府が推進している「アジア大動脈構想」のコアとなる南部回廊は、ホーチミン~プノンペン~バンコクを結ぶもので、カンボジアにも大きな好影響を与えるものと考えられます。また、多くのFTA(自由貿易協定)により、カンボジアで安価に製造した製品・部品を日本、中国、韓国、インドやアセアン各国に無税で輸出することが可能になっていく見込みです。インドシナ半島の主な流通網

廉価な労働力

廉価な労働力

タイ、中国、ベトナムなど日本企業が多く進出している国では労賃の上昇がコストアップの要因となっていますが、カンボジアはアセアンでも最も労賃が低い国の一つです(最低賃金153ドル/月)。また、若年労働人口が多く、今後10年は毎年30万人程度の若者が労働市場に参入してくるとみられていますので、当面労働力確保(単純労働)には困らないものと思われます。

廉価な労働力
TOP